江戸時代、舶来の技術であったガラスを材料に
作られた風鈴は富裕層の嗜好品として広まりました。


のちに、ガラス作りが長崎から江戸でも行われるようになり
少しずつガラス風鈴が庶民にも親しまれるようになったといいます。


「篠原風鈴本舗」の江戸風鈴は、
無形文化財にも指定されている職人・篠原儀治さん、裕さんらが
手作りで作っています。


澄んだ音色と、風鈴の内側から施された絵付けが特徴的。


夏はもちろん、四季を通じて音色で、そして美しいデザインで場を華やかにしてくれます。


江戸の人たちが感じていた空気を、音をそのままに……。


篠原一家の心のこもった逸品ばかりが揃っています。

商品分類

商品を見繕う

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

お買い物額

商品数:0点

合計:0円

詳しく見る

ログイン

  • 江戸てきロハスとは
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • 支払・配送について
  • 個人情報保護
このページのTOPへ
つちのこプロジェクトについて 会社概要 サイトマップ 江戸てきロハストップ